時間と費用を考えると合宿免許に大きなメリット

自動車の免許くらいはとっておかなければと思い、教習所での講習料を見て断念してしまうことがあるかもしれません。そんな時には合宿免許という方法があり、時間やお金をあまりかけたくないという人には非常に歓迎されています。
自動車免許にはAT車(オートマチック車)とMT車(マニュアル車)がありますが、多くの人は運転は比較的楽なAT車を選ぶようです。



AT車を選択すると、MT車に比べて教習時間が少なくて済み、その分の講習料も少なくてよいのです。
ただし、自宅近くの教習所に通う場合、1日に教習できる時間が限られており、しかもなかなか予約がとれないことで次の教習まで間が空いてしまうこともあります。
せっかく運転を覚えた感覚を短期間で活かせないことで、かえって自動車の運転が怖くなってしまう人もいます。

合宿免許のメリットのひとつに、短期間で集中して教習できる点があります。

運転は目や感覚の慣れが大きく影響しますが、短期間の教習でしっかりと体で覚えることで運転技術を向上させます。

AT車の免許を取得したい場合は特に、車の性能を体で覚えることが大切ですから、短期間で集中する教習に向いています。

数週間で教習が終わる合宿免許なら、時間やお金の面でも納得がいくでしょう。



また、街中で運転するよりも郊外で行われる合宿免許なら、目や感覚が慣れるのに時間がかかっても安心です。



落ち着いて、しっかりと教習を受け、尚且つ集中して免許がとれるなら合宿免許という選択もよいかもしれません。